コンテンツリスト

男にとって最大の弱点は女性のセックス

■セックスの価値

最近ネットを見ていて、
草食系男子、肉食系女子というのを見かけました。

いろいろ見ていると、女性を口説かない男が増え、
逆に自分から積極的に誘ってくる女性が増えているということでした。

これはわれわれ男としては嬉しいことです。。

しかし、だから待っていればいいというわけでは当然ありません。

まだまだ恋愛において
女性は基本受身であり、男性が口説く側です。

では、ここで考えてみて欲しいのですが、
恋愛においては、なぜ一般的に女性は受身で
私たち男性側が必死に女性をちやほやしたり、
お願い事を聞いたり、プレゼントしたりしているのでしょうか。

それは

女性は男にとって最大の弱点である「セックス」を持っているから

です。

これは非常に大切な気づきです。

私たち男性が女性を口説くのは
女性のセックスを手に入れたいからです。

「俺は女性のセックスによってコントロールされている」

ということをはっきりと明確に認識していないと、
いつまでたっても女性にコントロールされる側になります。

■ものすごい美少女な小学生

例えばキャバ嬢に貢いでいる男はこれをしっかり認識していません。

キャバ嬢は男を褒めますし、ボディイタッチもよくします。

すると男は「この女とセックスできるんじゃないか?」と幸せな勘違いをしてしまい、
「もう少し通えばセックスできるんじゃないか」
「もう少しプレゼントをあげればセックスできるんじゃないか」
と完全にキャバ嬢のセックスにコントロールされます。

女性は男にとってセックスが一番欲しいもので
それによって男をコントロールできることを遺伝子レベルで知っています。

特に小さいころからちやほやされてきたキレイな女性は
無意識どころか意識レベルでこのことを認識しています。

私のいとこの一人に、ものすごい美少女がいます。

彼女はおそらくは幼稚園時代からだと思いますが、
私が知っている限りでも小学生の低学年のうちから、男たちにちやほやされていました。

消しゴム、鉛筆、下敷きなど、小学生なのでかわいらしいプレゼントですが、
毎日のようにそれらを男からもらうため、自分で買う必要がなかったんです。

大人になるとセックスが絡んでくるので、より露骨になります。

それの非常に分かりやすい例として、
大学の新入生歓迎の飲み会があります。

仮に美人な新入生をユリとすると、自己紹介でもユリの時だけ男達は異様に反応し、
好きな男のタイプの質問にユリが「マメな人」と答えようものなら
「俺超マメだしー」、「俺なんか毎日メールするしー」、「は?、俺なんか・・以下続く」
のように滑稽なアピールタイムが始まります。

このときユリが遺伝子レベルでどうするかは、
あなたにはすでにわかっていると思います。

そう、この滑稽な男達は全員まとめて
養ってくれる男グループとなります。

そして意識レベルでユリが思っていることは、ユリが経験豊富であれば、
「これで大学生活も楽勝ね」、「何こいつら、キモ」、「あっそ」、「メッシー5人確保」
といった感じですし、経験があまりない場合で性格が大人しいのであれば
「なんか怖いな・・。どう返せばいいんだろう」のように恐れています。

しかしユリがどう思っているにせよ確実なことは
この男達がユリとセックスする日は来ないということです。

■空気未満の存在 = 負け犬

このようにキレイな女性というのは、セックスの概念さえない小学校時代から
男たちにちやほやされ、プレゼントを受け取り、優遇されています。

先生には優しくひいきされ、困っていれば男達が助けてくれて
一人でいればすぐに男が寄ってきて、などなどあげればきりがありません。

もちろん時にはストーカーなどのいやな目に会うこともありますが。

話を美少女のいとこに戻しますと、
ここ数年彼女に会っていないので高校生になった現状はわかりませんが、
会った母親から聞くところによると、おっぱいも育ってきてスタイル抜群、
なのに顔はロリ系の美少女ということらしく、将来が心配です。

彼女のようにキレイな女性達は、
本当に信じられないような世界で生きています。

そして彼女たちにとってセックスの魅力によって
男達をコントロールするのは、いたって普通のことです。

プレゼントをもらったり、お願い事を聞いてもらったりするのは
彼女たちにとって普通のことであり、
悪いんじゃないかという気持ちはまったくありません。

周りの男達をセックスの魅力でコントロールするのは
悪いことなんじゃないかという概念すらありません。

勘違いしてほしくないのは悪気はないということです。

小さいころから周りの男をコントロールしてきた彼女たちにとって、
周りのしょうもない男達をいいように使うのは、当たり前のことなんです。

そして彼女たちはそのように簡単にコントロールできる男には
何の感情も抱いていません。

女性をどう呼ぶかのところで説明したように、好きの反対にいるわけです。

空気未満の存在程度にしか認識していません。

空気はなくなったら困りますが、
しょうもない男がいなくなっても女性は困りません。

このような、女性のセックスの魅力にコントロールされ、
結局セックスできていない男が

負け犬

です。

■認めることが全てのスタート

あなたは負け犬になっていないでしょうか?

もし今まで負け犬だったならまずはそれを認める必要があります。

何事もそうですが、自分を変えるためには
まず弱い自分を認め受け入れることが最初のスタートになります。

「俺は今まで女のセックスにコントロールされる負け犬だった」

まずは自分の弱さを素直に認めることがスタートです。

これはつらい作業ですが避けては通れません。

私も昔は負け犬だったのでよくわかります。

そして、女性のセックスは必要ない、
女性に嫌われてもどうでもいいというマインドを持ってください。

もちろんそうは言っても、
「お願いを断ったらまずい」とか、「嫌われたくない」と
思ってしまうこともあるでしょう。

そんなときはすぐに
「女性に嫌われても関係ない」と心の中で唱えてください。

人間は大体90日で変わることができるので、90日間これを続けると
いつの間にか女性に嫌われても関係ないという考えに変わることができます。

例えば車を運転する人はわかると思いますが、初めて車を運転したときは
すごくそのことを意識して、緊張したと思います。

ですが何度も何度も運転を繰り返すうちに、
それに慣れていったと思います。

これと同じで、女性に嫌われてもどうでもいいというのも
90日間そのように意識すれば、いつの間にか自然と無意識に
そのようなマインドに切り替われます。

女性に嫌われても関係ないという考えは本当に大切です。

このサイトではいたるところで女性をちゃかせと書いていますが、
女性に嫌われたくないと思っていてはちゃかすことはできません。

例えば仕事が終わったときに女性から「お疲れ様」みたいなことを言われたとき
「疲れてねーよ笑」とちゃかすことができますか?

そんなこと言ったら嫌われるんじゃないかという考えがあったら
こんなセリフはいえません。

■女「たち」があなたの顔色をうかがい精一杯奉仕する

女性に嫌われても関係ない。

このマインドを必ずマスターしてください。

そして女性のセックスを、お願い事を聞く、優しくする、プレゼントをあげる
といった行為で得ようという考えを捨ててください。

それだけで世の中の男の上位20%に入ることができます。

本当にもてる男は小手先のテクニックなど使いません。

しっかりとしたマインドセットをもって進化を続けていれば、
どういうセリフで口説くか、どこでデートするかなどといったことは関係なくなります。

そして、あなたが女性のセックスを手に入れようとするのではなく、
女性が魅力的な男であるあなたに近づきたいと思うようになります。

そうすれば女性は常にあなたの顔色をうかがうようになり、
セックスでも女性はあなたを喜ばせようと精一杯奉仕してくれます。

というわけで今回のマインドは必ずマスターしてください。

前のページ:女性をどう呼ぶか? - 最低の男になればセックスできる
次のページ:私たちは洗脳されている

このページ:男にとって最大の弱点は女性のセックス
カテゴリ : もてる男ともてる女 > もてる心理学、生物学
.                                                   .

女性が落ちていく生ライブ音声

声をかけてからホテルに入ってキスするところまでを録音
セックス後、女性に許可を取り公開
無料サンプル音声
(音声が自動再生 *周りに人がいないか注意)
  ■サンプル音声 No. 1 ■サンプル音声 No. 2 ■サンプル音声No. 3 ■サンプル音声No4 *18禁  .

⇒ TAVプログラムの詳細を見る

©Copyright Hiroto.A もてる男ともてる女 All Right Reserved