コンテンツリスト

出会いの種類

私が考えるに出会いには大きく4種類あります。

学校や職場、リアルでのナンパ、ネットでのナンパ(出会い系など)、習い事です。

データをとったことがないのでわかりませんが、
おそらく一番多いのは学校や職場の女性と付き合うケースだと思います。

学校や職場でほぼ毎日のように会うのでそれだけ親密にもなりやすいですが
気まずい分かれ方をすると後々面倒なのがネックです。

リアルでのナンパはまずできる人が限られます。

いざナンパしようと思っても90%以上の人は声がかけられず
いわゆるナンパ地蔵となってしまい、その後ナンパをしなくなります。

ネットでのナンパは出会い系を使ったり、mixiの女性をリアルに連れ出したり
オンラインゲームなどで仲良くなってオフ会などに誘いだすことです。

これは相手と顔を合わせないので簡単にできる人も多いですが
実際に女性と会えるところまでいけている人はあまり多くありません。

習い事は形態としては学校や職場に近いことは
なんとなくわかっていただけると思います。

習い事があるたびに顔を合わせますし、習い事という
共通の話題があるので会話のネタを探すのにもあまり苦労しません。

変な人がいたら一緒にいじったり、講師に怒られたらぐちったり
女性と簡単に仲良くなれる要素がいろいろ見つかります。

習い事のネックはお金がかかるということです。

さて、私は最終的にはリアルでのナンパで
女性とセックスできるようになるのがいいと思います。

ただ、いきなりそれは難しいかもしれません。

今まで学校や職場でたくさんの女性を落としてきたならいいのですが
そうでない場合はまずはナンパ以外で女性を落とすことが大切です。

今は働いていて社内には女性がいない、
もしくは社内ではもてないキャラが定着して、いまさら女性を落とすのは
難しいという場合なら、習い事をしたり、ネットでナンパしたりしてください。

ここで問題となるのが私たちの潜在意識です。

今まで女性とうまくいった経験がなかったり、童貞だったりした場合、
女性と出会いたいと思っていながら、実は心の奥底では
うまくいかないのが怖いから会いたくないと思っているケースが非常に多いです。

このように2つの心理を同時に持てるのは人間だけだといわれています。

女性とやりたい、けれど会うのは怖いから嫌。
会いたいけど会いたくない。
なんだか女心みたいですが笑

これに関しては一番最初は乗り越えるしかありません。

うまく話せなかったりして恥ずかしい思いをしたり女性に馬鹿にされても
どうせネットから出会った女性とは二度と会うことはありません。

習い事の場合ならやめればいいだけです。
二度と会うことはないでしょう。

現状に一番マッチした出会いの種類を選択し
怖がらずに実践してください。

失敗しても二度と会うことはありません。

それよりも怖いのは私たちが一生最高の女性とセックスできないことです。

前のページ:「出会いを増やす心構え」へ
次のページ:「出会いをものにする」へ

このページ:出会いの種類
カテゴリ :もてる男ともてる女 > 出会いを作り出す
.                                                   .

女性が落ちていく生ライブ音声

声をかけてからホテルに入ってキスするところまでを録音
セックス後、女性に許可を取り公開
無料サンプル音声
(音声が自動再生 *周りに人がいないか注意)
  ■サンプル音声 No. 1 ■サンプル音声 No. 2 ■サンプル音声No. 3 ■サンプル音声No4 *18禁  .

⇒ TAVプログラムの詳細を見る

©Copyright Hiroto.A もてる男ともてる女 All Right Reserved